視力改善の方法とコツ・回復センター

視力を改善するポイントや秘訣、近視、遠視、乱視、老眼からの視力アップの方法を解説しています。

視力改善の方法をご紹介!


視力改善の方法とコツ・回復センターへようこそ!

当サイトでは、近視や遠視、乱視、老眼に共通する視力アップの方法を、くわしく解説しています。

視力の改善法には、視力矯正と実際に視力回復する二通りがあります。どちらの方法でも目が見えるようになりますが、スピードが異なります。

同じ視力改善法でも、眼科の視力矯正はメガネやコンタクトレンズを装用すれば、その場ですぐに視力が向上します。オルソケラトロジーやオサートといった、睡眠中に角膜を矯正する眼科の治療法もそうですね。

そのほかレーシック手術も、眼科の視力強制にあたるので、術後にすぐ視力を改善することが可能です。レーシック以外には、レーザー角膜屈折矯正手術として、PRK手術やラゼックなどがあります。内眼手術ではフェイキックIOLという治療法もあります。これらは、レーシック手術とくらべると、即日に視力が改善されるわけではありません。

そのほか視力改善の方法として、目の筋肉を強化して、再訓練する視力回復トレーニング法や訓練があります。この近視トレーニングを実践したからといって、すぐに目が良くなるわけではありません。

仮性近視の場合は、1ヶ月ほどで眼が良くなることがありますが、それ以外の真性近視では長い年月の格闘が必要です。

ましてや視力0.1以下の強い近視になると、長年の視力改善訓練が不可欠になります。しかし間違った視力訓練法を行なっても、あまり視力アップはしないものです。

訓練による視力改善の方法には、3Dの立体視ができるマジカルアイや、ピンホールアイマスク、視力回復訓練機などがあります。超音波治療器ソニマックや低周波治療器などもあるでしょう。

自宅で一人で毎日実践する方法もあれば、週に何回か視力回復センターに通院する選択肢もあります。

または眼鏡や使い捨てコンタクトレンズの力を借りつつ、視力改善トレーニングに励んでいくことも、もちろんOKです。

当サイトが、みなさまの視力改善のためのヒントを提供できれば幸いです。
>> あなたの目を鍛え、視力改善させる方法はこちら
子供用の視力回復教材はこちら

視力の矯正と回復手術 近視を治す方法とは? 視力のアップ法 目が良くなる方法を解説!

視力改善訓練や視力低下をふせぐポイント