視力改善の方法とコツ・回復センター

視力を改善するポイントや秘訣、近視、遠視、乱視、老眼からの視力アップの方法を解説しています。

サイトトップ > 3Dアートで視力回復〜立体視で平行法と交差法!

3Dアートで視力回復〜立体視で平行法と交差法!

3Dアートで視力回復する本が、はやっています。
それだけ近視の人が増え、パソコンの普及によって疲れ目を解消したい人が増加している証拠ですね。需要があるから供給があるというわけです。

3Dアートで視力回復を目指す本は、マジカルアイとかマジックアイ・エクササイズと呼びます。そのほかマジカル3Dとかファンタジー3D、ミラクル・アイ3Dといったように、呼び名もさまざまです。

速読法の栗田昌裕氏による立体視の書籍では、「3D写真で目がどんどん良くなる本」があります。このパソコンソフト版として、「目がホリデー」がありますね。

目がホリデーは、パソコン上で立体視ができるソフトです。
原理はステレオグラムであり、視力回復の本と一緒です。でもパソコンならではの機能があり、画像を拡大・縮小できたり、癒しのBGMの音楽を流せたりします。またタイマー機能が付属しているので、定期的に目の疲れをとり、同時に脳もリフレッシュできます。自動起動するので、忘れてしまうということもありません。

3Dアートで視力回復ができるといわれるのは、外眼筋と毛様体筋をエクササイズすることができるからです。立体視のマジカルアイでは、平行法と交差法という二つの見方を使います。普通にCGのイラストを見ていたのでは、何もおきません。

ところが目を開く平行法、寄り目になる交差法という見方をすると、平面画像が立体画像になって、浮き出てきます。飛び出す絵本のようになるのです。最近は、3Dが人気ですね。映画でもアバターがそうですし、ニンテンドー3DSという立体視ができる携帯用ゲーム機もできるようです。そのうちパソコンも3Dになるのでしょうか?

もし3Dアートが視力回復にかかわっているとすると、テレビから映画まで、すべてのエンターテインメントで3D化すれば、少しは日本の近視人口は減っていくのでしょうか?3dを見るということは、遠近感が出るということですし、そうなると毛様体筋の緊張の危険が減ると思うからです。

さて3Dアートで視力回復するといわれるのは、どうしてでしょうか?まず平行法とは、遠くを見るような目つきです。対象の写真やイラストのさらに向こうに、焦点を合わせるようにします。これは近視の視力回復訓練といえます。遠くを見るのが苦手だからです。平行法によって、外直筋を鍛え、毛様体筋をリラックスさせます。

いっぽうマジックアイ・エクササイズの交差法は、近くを見るときに寄り目になるような、目の使い方です。意識してみる対象は、網膜の黄斑部にある中心窩に映す必要があるので、近くを見るときは必然的に寄り目になるのです。近視の人は、寄り目になることが多いので、交差法はしないほうがいいでしょう。

遠視や老眼の人は、近くが見づらい、つまり寄り目が苦手なわけですから、交差法の目のエクササイズをすべきです。

以上の目の運動法は、眼球が変形していない、仮性近視や初期の老眼に有効です。初期の近眼である屈折性近視にも、ある程度は有効でしょう。ただし眼球が変形している視力0.1以下の軸性近視、軸性遠視、乱視には、あまり視力改善効果はないと思います。

3Dアートの視力回復効果がもっとも発揮されるのは、「初期」にある人たちです。つまり小学生の子供の仮性近視、そして老眼の初期にあるひとたちです。こういった人たちの眼は、まだ症状が現れて間もなく、目の筋肉がまだ柔軟なので、視力アップの可能性が十分あるのです。

視力向上の方法とは一覧