視力改善の方法とコツ・回復センター

視力を改善するポイントや秘訣、近視、遠視、乱視、老眼からの視力アップの方法を解説しています。

サイトトップ > 視力が出ない原因とは?〜弱視や心因性障害

視力が出ない原因とは?〜弱視や心因性障害

視力が出ない症状があります。

もちろん近視は、裸眼では視力が出ません。
しかし眼科的に正常な目であれば、メガネやコンタクトレンズといった眼科矯正器具を装着すれば、視力1.0以上は見えるものです。つまり矯正視力ですね。

近視とは屈折力が強すぎるために、網膜の手前で焦点を結んでいる屈折異常。そのため凹メニスカスレンズを装用することによって、網膜まで焦点距離を伸ばしているわけです。

ところが視力が出ない症状というのは、眼鏡などを着用して網膜上にきちんと焦点を結ばせても、遠くがハッキリ見えなかったりします。この場合考えられる原因はふたつあります。眼球の器質的な障害と、脳の問題です。

視力が出ない場合、眼病が原因となって、網膜に届く光が遮断されるか、網膜自体に疾患があることがあります。白内障になると、レンズ系の水晶体が白く濁るため、近視や遠視、乱視、老眼ではなくても視力が悪いということがあります。水晶体が濁るということは、すりガラスを通して外を見ているような状態だから、必然的に「視力が落ちた」となるのです。このままでいると、目が疲れる原因となります。

網膜がおかされる目の病気には、たくさんありますが、網膜裂孔や網膜剥離になると、神経網膜への栄養が途絶えるため、放置していると、視力が急に落ちたということになり、失明の危険性があります。こうなると、当然視力が出ないということに。

そのほか視力が出ない原因として、糖尿病網膜症になれば、黄斑部の前方で新生血管が眼底出血を起こせば、視界がさえぎらえます。また黄斑変性症になれば、視力にとってもっとも大事な黄斑部がおかされるので、視力が低下します。

網膜の静脈や動脈がつまれば、眼球内の血液が行き場を失って出血したり、また血液の供給が途絶えたりするので、視力が急に落ちたという事態になります。

そのほか視力が出ない原因として、網膜色素変性症になれば、徐々に視野が狭くなっていき、失明の危険性がある難病といわれています。緑内障で視野が欠けていくこともあります。

当然視覚伝道路の視神経に障害が起きれば、脳へ電気信号が伝わらないので、その部分に関しては、視力が出ないということになります。片目だけ失明したり、右半分の視野だけが見えないという症状もありえるのです。ものは眼球だけで見ているのではなく、視神経、脳までもふくめた連携作業によるものだからです。

さて視力が出ない場合、脳が原因のこともあります。
幼少時に乳児内斜視や視性刺激の遮断によって、視機能の発達が阻害されると、弱視になります。弱視とは、子供の脳が未発達のまま止まってしまうため、メガネなどで視力矯正しても1.0以上がでなくなる目の症状です。

弱視で視力が出ない原因には、幼児の遠視のこともあります。
遠視とは、遠くも近くも両方ともぼやける屈折異常です。どこもはっきりとは見えない目なわけです。そのため脳の発達の大事な時期に、脳にはぼやけた映像しか届かないことに。そうすると脳は、これが自然な状態だと錯覚してしまい、視力矯正しても、視力が出なくなるのです。

両目の遠視が要因である屈折性弱視の場合は、10歳までに遠視用メガネを掛けさせれば、視力改善することができます。ただし片目だけが強い遠視である不同視弱視の場合は、ずっと視力が出ない可能性があります。

子供の脳は未発達なため、少しストレスをうけただけでも、脳がものを見なくなることがあります。これを眼科では、心因性視力障害といいます。脳が一時的にストレスをうけているだけで、弱視ではありません。心当たりのある精神的なストレスを取りのぞいてやれば、視力も回復していきます。

以上のように、ひとくちに視力が出ないといっても、単純な屈折異常のこともあれば、目の病気のこともあるし、弱視もあるし、子供の心因性のストレスによることもあるわけです。

視力向上の方法とは一覧