視力改善の方法とコツ・回復センター

視力を改善するポイントや秘訣、近視、遠視、乱視、老眼からの視力アップの方法を解説しています。

サイトトップ > 視力回復を自宅で行なうポイントとは?

視力回復を自宅で行なうポイントとは?

視力回復を自宅で実践する方法を心得ることは、忙しい現代人にとって大切なことではないでしょうか?

現代はパソコン、そして携帯型ゲーム機が普及しています。アイパッド(ipad)という面白いアイテムも出現してきましたから、こういった志向は今後もますます続いていくことでしょう。

そうなると、どうしても生活のなかで近くを見る時間が長くなります。これは飽食の時代になって、どうしてもカロリー摂取が増えることと一緒で、ある意味仕方のないことともいえます。しかし、だからといって食べ放題だと、肥満の原因になってしまいますよね?目と視力でも同じことがいえます。

視力回復を自宅で実践するための簡単な方法を心得ていれば、目が疲れたなと思ったときに、すぐに実践して疲れ目を解消することができます。このように視力訓練とか視力アップトレーニングといっても、まずは目の疲れを取ることができなければ話になりません。

視力の回復は目の筋肉を鍛えることですから、視力回復を自宅で行なうには、特別な視力回復機器を必要とはしません。高価な視力回復の機械を買っても、思うような効果は得られないと思います。

視力回復を自宅で訓練するには、べつに道具は必要ありませんが、安い最低限の視力回復グッズは揃えておいてもいいでしょう。たとえばピンホールメガネとか3Dの視力回復の本です。これらのグッズや本は、それほどの視力向上効果はありませんが、ほかの眼筋トレーニングと組み合わせると、かなり有効です。

視力回復を自宅で実践するには、ひたすら遠くと近くを交互に見る視力訓練がいいと思います。指先を見て、壁にかかっているカレンダーの文字を見る。これを10秒くらいくり返します。3秒ずつ見る方法でもいいでしょう。とくに時間は決まっていないので、あなたのもっともシックリくる間隔を見つけることです。

視力回復を自宅で行なう方法には、目をぐるぐる動かす手法もあります。これは外眼筋に注目した視力改善法。眼球を動かしたらからといって、近視が治るはずがない、という人がいるかもしれませんが、速読教室では目を高速に動かすことで、視力アップに成功している人がいるのです。これも目の前に両手の人差し指を立て、交互にすばやく見ましょう。10秒が1セットで、少し休憩を挟んで2〜3セットで十分です。やりすぎに気をつけましょう。

視力向上の方法とは一覧