視力改善の方法とコツ・回復センター

視力を改善するポイントや秘訣、近視、遠視、乱視、老眼からの視力アップの方法を解説しています。

サイトトップ > 視力回復器で近視は改善できる?

視力回復器で近視は改善できる?

視力回復器は、通常の店舗ではお目にかかれません。
インターネットならではの商品といえますね。

100均(100円ショップ)では、大門型のピンホールメガネが販売されていますが、これは視力回復の機械というよりは、どちらかというと視力回復グッズであり、アイテムでしょう。

視力回復器は、一昔前はよく雑誌の広告に載っていたものです。最近はあまり見ませんね。やはり行政指導が入ったからでしょうか?

私が購入したことのある視力回復器は、現在のエコーアイトレマシンの前身のような視力回復器具。もうひとつはスーパービジョンです。

エコーアイトレマシンというのは、ただ覗いているだけで遠近の水晶体体操法ができる視力回復機です。望遠訓練ですね。そのほかぼやけたり、はっきりしたりする雲霧法も、たしかできると思います。シャッターが閉じたり開いたりすることによって、虹彩筋がトレーニングできます。赤ランプが点灯するので、それを追っていくことで、外眼筋の目の運動にもなります。

こう考えると、この視力回復器を使えば、眼の筋肉をひととおりエクササイズできるわけですね。

スーパービジョンというのは、片目ずつ覗いて近視の視力回復トレーニングを行なえる視力回復器です。類似品にビジョンブライトがあります。どちらが先かは知りませんが・・・。外観から中身まで、瓜二つですね。もしかしたら同じ会社かもしれません。

片目ずつ視力回復器をのぞくので、単なるスライドでも立体的に見えます。写真でもそうですね。デジカメで撮った写真を片目で見ると、立体的に遠近感を感じるはずです。

写真はスライドなので光に富んでいて、かわいい小鳥とか魚を見ることができます。癒しのBGMも流れるので、まるでリラクゼーションタイムです。寝るまえに、この視力回復器を使って目の訓練をすれば、目の疲れが取れるとともに、リラックスができるので安らかに眠れることでしょう。

スーパービジョンは、近視の人だけではなく、目がいい人でも、眼精疲労の予防とリラクゼーションを兼ねて、使用してもいいと思います。

そのほか視力回復機器には、テレビを見ながら視力改善できるというアイトレーナーもあります。メガトレという視力回復訓練機は、視力アップというよりは、スポーツで必要になる動体視力訓練のマシンのようです。そのほか低周波治療器もありますね。

視力回復器には、超音波治療器もあります。
ソニマックが有名です。厚生労働省の認可を受けている医療用器具なので安心できます。そのほかアイパワー、ミオピア、フタワソニックといった超音波器具もあります。

超音波による視力回復機は、閉じた目のうえから照射するだけです。これによって、毛様体筋、外眼筋、虹彩筋の緊張をとり、網膜の血行もよくします。目全体の自然治癒力を高めるようです。

そのほか視力回復器には、佐々美代子氏考案のMD-SS訓練機がありますね。しかしこれはかなりごつく、卓球台くらいの長さがあります。オークションでも販売されていましたね。佐々氏といえば、親指ストレッチで有名な眼科専門医です。

以上のように、視力回復器にはいろいろな機種がありますが、その効果は、毛様体筋のコリを取ることが主眼であり、仮性近視の視力改善程度だと思われます。その程度の効果しかないのにもかかわらず、誇大広告であおったために、行政指導が入ったものと思われます。

視力回復マシンは、もともと眼科のワックを参考にしていると思われます。ワックとは、眼科の検査の前に、目の不要な調節を取りのぞくための機械。もともとは近視や遠視、乱視を視力向上させるための道具ではないわけですね。

でも視力回復器は、毛様体筋をほぐす効果はありますから、小学生の子供における、初期の近視の視力改善、大人の疲れ目解消としては使えると思います。現に、東京視力回復センターは、軸となる室内凝視訓練法に加え、超音波治療器ソニマックとアイトレーナーを採用しています。

視力向上の方法とは一覧