視力改善の方法とコツ・回復センター

視力を改善するポイントや秘訣、近視、遠視、乱視、老眼からの視力アップの方法を解説しています。

サイトトップ > 視力回復のツボって?〜こめかみや頭、顔、眉毛のつぼ

視力回復のツボって?〜こめかみや頭、顔、眉毛のつぼ

視力回復のツボには、一旦低下した近視の眼を視力改善する力があります。

目にいいツボの位置は、たいてい骨にくぼみにあります。「ここを押して!」と言わんばかりに、うまい具合に凹んでいるのです。人体って不思議ですね。

視力回復のツボと関係ありませんが、私がひどい気管支炎になったとき、対応する足の土踏まずの上辺りを指圧したら、その直後に、ぴたっとせきが止まり、楽になった経験があります。ただし、その直後の10秒程度でしたが・・・。この一事からわかるように、体のツボを押すことは、即効性があり、まちがいなく効き目があります。

視力回復のツボは、そのほとんどが頭部に集まっています。目の周囲の眼窩の骨に多くあります。たとえば眉毛のツボ。ここは実は、眼窩の周囲の骨のふちに当たります。そのほか、よく揉まれることが多い目頭のツボ。ここも目の骨のふち。目の下の承泣(しょうきゅう)のツボ。ここも骨の淵。

こういった目のまわりの骨の淵をおすと、視力改善に効果があります。眉毛のツボはテーブルにひじを突きながら、両手の親指で上に向かって押し上げるようにして指圧すると、力を掛けやすくなります。といっても痛いほど押さないように気をつけましょう。

そのほか、こめかみのツボは太陽といって、近視の視力回復と眼病予防に効果的な視力回復のツボです。ここは「目医者ごろし」といわれるほどの力を秘めています。目の病気がここを押すだけで予防できてしまうので、目医者が失業してしまうっていう意味ですね。食べ物を噛んだ時、動く箇所なので、わかりやすいでしょう。

太陽の視力回復のツボは、目尻とまゆ尻のちょうど中間から、やや後にあります。ここを4本の指を曲げて親指で指圧するか、ほかの指で支えながら人差し指一本で指圧するといいでしょう。

後頭部には風池(ふうち)という視力回復のツボがあります。
このツボの視力改善効果を研究している人もいるほど、近視などの屈折異常に効果的です。ただし高血圧の人は、後頭部のツボを強く押してはいけません。

なお老眼の視力回復には、眉毛のまん中と、眉毛の鼻側の端にある視力回復のツボがおすすめです。それぞれ魚腰(ぎょよう)のツボ、攅竹(さんちく)のつぼといいます。こめかみのツボも老眼の予防・改善に効果的です。老眼の視力改善には、立体視ができるマジカルアイの視力回復の本を使って、交差法を視力訓練すると、より効果的です。

そのほか乱視や白内障には、眉毛のまん中の魚腰の視力のツボを指圧すると、効果的です。眼球自体に、ズーンと響くようなダイナミックな刺激を与えることが可能です。眉毛のまん中の魚腰のツボを指圧すると、眼球にダイレクトに力を伝えることができるのです。

手の甲にも実は、視力回復に効果的なツボがあります。
これを合谷(ごうこく)のツボといいます。別名、万能ツボともいいます。人差し指と親指の骨が交差した、出会いがしらのところです。だから合谷というわけですね。その箇所から、やや人差し指よりに、少し骨がくぼんだところがあります。

合谷の視力回復のツボは、近視などの視力回復や眼の病気の予防のほか、大腸の調整、頭部の疾患の改善、痛み止め、安眠、脳の刺激などのさまざまな効果があります。だから万能ツボというわけですね。

視力のツボを指圧するときは、とくの頭部の場合、基本的に目を閉じます。そうすると目の乾きも解消され、網膜も休まるため、一石二鳥にも三鳥にもなります。また連続で強くまばたく目の運動を併用すると、目のツボ指圧の効果は倍増します。

視力回復のツボを押すことは、視力アップだけではなく、疲れ目解消や眼精疲労の予防・改善にも、当然効果を発揮します。パソコン作業が普及し、当たり前になってきた現代。目のツボ指圧は、目の健康を守り、急激な視力低下を防ぐために、これからは必須の知識といえるかもしれませんね。

視力向上の方法とは一覧