視力改善の方法とコツ・回復センター

視力を改善するポイントや秘訣、近視、遠視、乱視、老眼からの視力アップの方法を解説しています。

サイトトップ > 目の運動で視力回復!〜ソフトなどでエクササイズ

目の運動で視力回復!〜ソフトなどでエクササイズ

目の運動によって視力回復していくことが可能になります。

近視や遠視、乱視などの屈折異常は、ただ目を休ませるという消極的な手段では、けっして視力改善していきません。もちろん仮性近視のレベルなら、たんなる毛様体筋のコリですから、目を休めて遠くを見ていれば、視力向上するでしょう。

しかし眼球が変形を始めている真性近視においては、目の運動なくして、視力アップはありえません。

目の運動・エクササイズは、いつでもどこでも簡単に、しかも無料でできます。ネット上でよく見かける目の運動としては、まずギュッと強く目をつぶり、ぱっと開け、そのあと上下左右に目を大きく動かすという目の運動ですね。これを何回か行なうというものです。

まばたきを5回連続で続ける、目のエクササイズは特におすすめです。顔全体を使って、目も強くまばたいて収縮させるのです。すばやく5回連続です。そして5回目は2秒から3秒程度、そのままの状態を維持します。そしてパッとゆるめます。すると今までせき止められていた血液が、筋肉内に流れ込んできます。目の内部にも流れ込んできます。そのため眼球内のあらゆる筋肉、あらゆる細胞に血液が行き渡るのです。

つまり目に十分な酸素と栄養素が行き渡るということですね。この簡単な目の運動をやってみるとわかりますが、驚くほど短時間で視力アップします。いままでぼやけていた遠くの文字が、一気にはっきりと見えると思います。

たとえば学校の黒板の文字が見えないとき、この強いまばたきの眼の運動を行なえば、たちまち遠くが見えるようになります。裏技として、この方法を使えば、学校や自動車免許の更新のときの視力検査の直前にやるだけで、一気に視力が改善し、難なくパスすることができてしまいます。

目を細めると、眼球の自然な動きができなくなってしまい、視力が急激に低下する原因となるので、けっしてやってはいけません。そのかわり遠くが見えないなと思ったら、強い瞬きという目の運動をやればいいのです。あなたの大切な目を守るために、一生、習慣付けてくださいね。

この目の運動によって、目の血行がよくなるということは、眼病予防にもなります。目の病気とは、血行が滞って、抗酸化物質が行き届かなくなるために、細胞が酸化変性を起こすためと考えられます。そこで強いまばたきによって目の血行がよくなれば、おのずと眼病の予防となるわけですね。

白内障の予防、老眼の予防になりますので、おすすめです。もちろん緑内障もふせぐことができるでしょう。

視力0.01という重度近視のかたも、ぜひ試してみてください。それ以上急激に視力が低下することを阻止できます。つまり眼軸が伸びるのを止めることができるということです。

目の運動には毛様体筋の運動もあります。
仮性近視は毛様体筋の緊張が原因なので、遠近体操法によって、ほぐれてきて遠くが見えるようになります。

毛様体筋の目の運動は、遠くと近くを交互に見比べるだけです。遠くを3秒見たら、近くの指先を3秒見る。この秒数には厳密な決まりはなく、あなたの目の調子にあわせましょう。10往復が目安です。少し休んだら、何セットか行ないます。

そのほか目の前に立てた指先から目をはなさない、目の運動もあります。指先を見つめ続けながら、1秒掛けて遠ざけます。次に3秒で近づけます。近視の人は、近づけるときに速くしてしまうと、逆効果ですので、要注意です。この原理で行くと、遠視や老眼の人は、近づけるときに速くしたほうがいいかもしれません。

そのほか目の運動には、「アイアイで視力回復」とか「目がホリデー」といった視力ソフトを使えば、パソコン画面で実践できます。アイアイで視力回復とは、いろいろな文字が画面上を行きかうので、それを追っていったり、視野を広くして眺めたりします。

目がホリデーは、栗田氏による3Dアートの立体視ができる、マジカルアイのようなパソコンソフトです。目を開く平行法と、寄り目になる交差法によって、美しい感動的なCGのイラストや画像が浮き出てきます。外直筋、内直筋が鍛えられ、毛様体筋が連動して鍛えられます。仮性近視や初期の老眼に特に有効です。視力0.1以上の近眼の視力改善にも効果的だと思います。

そのほか目の運動をあげたらきりがありませんが、眼球をすばやく動かすと、それが負荷になり、外眼筋を効果的に強化できます。たとえばパソコンの四隅を視点移動するのです。左上、右上、左下、右下、左上・・・この繰り返しです。10往復したら休憩して、何セットか行ないます。やりすぎに注意しましょう。

もし視力0.01という強度の近視が視力回復するとすれば、この外眼筋のトレーニングしかないと私は思っています。眼筋が弱体化するために、眼圧がまさって眼軸が伸びているのなら、直筋を強化すれば、視力改善する可能性があります。

この毛様体筋や外眼筋の目の運動法を、初心者にもわかりやすく解説した視力回復マニュアルが、速読と視力の研究で有名な川村明宏博士の視力回復法です。面倒な視力回復センターや眼科の通電療法に通院することもなく、自宅で簡単に、好きなときに目のエクササイズができます。

視力向上の方法とは一覧